増毛スプレーの特徴

手軽に使える増毛スプレーですが、
水に弱いという欠点があります。

とはいえ、ぐっしょり濡れるような状況でもなければ、
多少の湿気なら問題ありません。

はっきりわかるほど濡れた場合、
雨に降られたりたくさん汗を時には取れやすい状態に
なります。

そうなったらできるだけそのままにして、
髪は触らないようにしておきましょう。

増毛スプレーは、運動によってたくさん汗を
かくとわかっている日などは使わない方が
いいかもしれません。

増毛スプレーの利点は、目的の場所の髪を好きなように
増やせることです。

ですが、目的の場所に正しくスプレーできないと、
悪目立ちな髪型になってしまうことも考えられます。

特に頭の後ろの方はなかなか見えにくく
全体バランスの取りにくい部位です。

鏡を合わせて使うなどしながら、
状態を自分で確認しましょう。

使用に慣れてくると短い時間でこなせるようになり、
作業もスムーズになります。

増毛スプレーを使う時は、過度に
増やしすぎないように注意しましょう。

不自然なまでに増毛スプレーを使って髪のかさを
増やしている人もいますが、毎日使っているせいで
髪の多さに慣れて感覚がズレている可能性があるので
気をつけてください。

増毛スプレーは使い方次第で強力な味方になりますから、
自分に合った使い方をマスターしてちょっとした時に
手軽に使えるようになっておきたいものです。

薄毛・細毛・白髪でお悩みの方に!
簡単・便利増毛ヘアカラースプレー


増毛スプレーの使い方.

増毛スプレーは簡単に使えますが、
より効果的に使うためには幾つかのコツがあります。

よくある増毛スプレーには髪型を固める効果がありますので、
スプレーをする前に整髪を終えなければなりません。

もし育毛剤、養毛剤、トニック等を使う場合は、
増毛スプレーを使う前に使うものが大半です。

使用時には頭髪から15p〜20pの距離を保ちながら
増毛剤を吹きつけます。

手早い作業を心がけながら、上下左右に、
または円を描くようにスプレーしていきます。

集中してスプレーをしていると、その場所だけ
色ムラができる可能性があります。

全体的に同じようにスプレーをしないと、
髪が自然な仕上がりになりませんので注意します。

しばらく触らないように注意して、自然乾燥させましょう。

増毛スプレーの中には、すぐに乾かしたい時は
ドライヤーをかけることができるものもあります。

増毛スプレーは完全に乾くまでは手に粉末が
付着する恐れがあるので、触らないようにします。

これらは一般的な増毛スプレーの使い方ですが、
スプレーによって使い方に違いがあります。
個別に確認してから使うようにしましょう。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。