育毛剤の種類と効果.

市販されている育毛剤は数々あって、
いざ買おうとしてもどれを選べばいいのか
わからない人は多いでしょう。

そこで、育毛剤の種類と効果にはどのようなものがあるかを
説明してみます。

育毛剤を必要とする人は抜け毛を気にしている人だと思いますが、
抜け毛には原因があるのです。

それは男性ホルモンのテストステロンが、
6αリダクターゼという変換酵素が働くことが原因で、
デヒドロテストステロンというホルモンに変化させられ、
このホルモンが抜け毛を起こしているのです。

育毛剤のほとんどが抜け毛を予防するというものですが、
育毛剤の成分は、大きく4つの働きに分かれていて
その組み合わせでそれぞれの特徴を出しています。

その働きとは、男性ホルモンの働きを抑えること、
毛母細胞を活発化させること、頭皮の血液循環を良くすること、
皮脂の分泌を抑えることの4つになっています。

このような4つの働きが組み合わせられ、
育毛剤は頭皮に栄養を補給しながらその状態を正常に保ちつつ、
抜け毛を防いでいるのです。

育毛剤を構成している成分には、たとえば塩化カルプロニウム、
センブリやニンジンエキス、ビタミンEなどがあります。

育毛剤の効果は、血行促進、発毛促進、皮膚細胞の代謝改善、
保湿作用、フケ・カユミを防ぐ、造血機能回復、抗菌などです。

このようにたくさんの効果あるので、
抜け毛の原因に合わせて育毛剤を選ぶことが大切です。

男性特有の悩みととられがちな抜け毛ですが、
実は女性も加齢により髪の量が少なくなったりして、
悩むことはよくあります。

育毛剤はつよい見方ですが、その前に日ごろのお手入れや
シャンプーの仕方などを見直すことも大切です。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。