薄毛の4大原因

男性ホルモン
男性ホルモン(テストステロン)はひげや
胸毛など体毛の成長を促進すしますが、
頭髪にとってはあまりよくありません。

毛根の毛母細胞でDHT(ジヒドロテストステロン)に
変わり、毛根細胞を萎縮させるため、
髪の毛の成長は止まり早く抜け落ちてしまいます。

遺 伝
やっぱり薄毛には、遺伝的要素が大きく関係しています。
でもお手入れ次第で、薄毛を食い止めることが
できるようになってきました。

逆に、親も親戚にも薄毛がいないからと安心して、
不摂生をすると薄毛になることだってあるので、
ご注意ください。

ストレス
あらゆる病気に悪影響ともいえるストレス。

もちろん薄毛にとっても例外ではありません。

ストレスが自律神経やホルモンのバランスを乱す
  ↓
血流が悪化
  ↓
毛根に栄養分を十分運べない
  ↓
毛髪が育たなくなります。


食事・生活習慣
髪の毛だって健康を保つには栄養が必要です。

バランスの偏った食事や睡眠不足などの
生活が続いては、頭皮の栄養状態が悪くなり、
髪は成長しにくくなります。

また、たばこのニコチンは血流を
悪化させるため、薄毛には大敵です。

毎日ケアして髪を大切にしたいですね。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。